孫正義の60代とは?!

ニュース

孫正義の60代とは?!
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ARMはソフトバンクグループの中核中の中核になる

ソフトバンクグループ社長の孫正義は、米シリコンバレーを訪れていた。

孫正義

その目的は、約3.3兆円という巨費を投じて買収した、英ARMの経営幹部たちとのミーティングに参加するためだった。
ARMの中核は、コンピュータの頭脳にあたる半導体チップの回路を設計することにある。とりわけエネルギー消費が少ないという特性は、iPhoneをはじめとしたスマートフォンを中心に、あらゆるモバイル端末に組み込まれているのだ。
ARM社の技術を使った半導体チップの出荷数は、直近では年間140億個。
世界中に1300を超えるパートナー企業を中心に、その数は増え続けている。孫はそれが今後20年で、1兆個にまで増えると読んでいる。

出典 http://newspicks.com

孫正義

モバイル端末から自動車、家電、エネルギーから交通機関などのインフラまで。世界のあらゆるところにARMの半導体チップが埋め込まれてゆく。
そこから収集される膨大なデータを、大量に分析することで、極めて高度な知性をコンピュータが備える日が来る。
まさにIoT(モノのインターネット)の世界を、孫はこのARMという会社を“乗り物”にすることで、自由に旅をしようというのだ。

出典 http://newspicks.com

孫正義

全ての始まりは、約40年前、彼が19歳のときだった。あるサイエンス雑誌の中にあった1枚の写真を見て、孫氏は「未来都市の設計図」だと思ったという。大きさは人差し指に乗っかるほど。この小さな破片があの大きなコンピュータなんだと知り、両手両足の指がじーんとしびれた。そして孫氏の目からは涙が溢れてとまらなくなった。「ついに人類は自らの知性を超えるものを生み出してしまった」――孫氏はそのときこう思ったという。

孫正義

大学時代に同じ西海岸の空気を吸った、スティーブ・ジョブズ(1955年生まれ)は、2011年10月に癌のために永眠した。

孫正義

旧知の仲であったマイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツ(1955年生まれ)もいまや経営の一線から身を引いており、より自由の身で社会貢献などに力を注いでいる。

孫正義

孫も2016年8月、59歳を迎えた。
変革のスピードが驚異的に早いIT産業にあって、60代まで経営者を続けること自体が、並大抵のことではない。
それでも孫が後継指名をしたニケシュ・アローラに椅子を譲らず、まだ、成し遂げたいことがあるとすれば、何だろうか。
思い浮かぶのは、原点回帰の4文字だ。
1974年、若き日の孫がテクノロジーの世界に没頭したきっかけは、米国留学中に科学雑誌『ポピュラー・エレクトロニクス』に掲載されていた、インテル製のコンピューターチップ「i8080」を見たことだった。
あの日から約40年。いよいよ60代に差し掛かる孫は、かつて感動したあの半導体チップを片手に、自分の手で、スマートフォンの先にある未来の一部を作ろうとしているのではないだろうか。

出典 http://newspicks.com

孫のゴールは「アップルのiPhoneより、もっと長きにわたって、世界中に使われ続けるテクノロジーや製品を残すこと」ではないだろうか。

「僕のスター、アイドルに、やっともう一度会える。この手で抱きしめて、その興奮で冷めやらない」


ARMの買収後、孫正義は笑顔でそう語った。

出典 http://newspicks.com

孫正義

堀江貴文
将来有望なビジネスに時価よりもかなり高い値段ですぐにbidする。それが孫さんの強みです。

出典 http://newspicks.com

梅田優佑(ユーザベース取締役)
ソフトバンクが上場した1995年の売上が約970億円、営業利益50億円。そして20年の月日を経て、売上は100倍近い9兆円、営業利益は200倍近い1兆円に。改めて数字を見ると、ソフトバンクの凄さが身に染みます。

出典 http://newspicks.com

夏野剛(慶應義塾大学教授)
孫正義という男は、これまでの日本の経営者と桁違いのスケールをもつ、間違いなく歴史に残る経営者。欧米の起業家は投資家・VCや回りのプロ経営者、新しいものを拒まない社会システムに育てられ押し上げられて大きなスケールの経営者に推し上がっていくのに対して、孫さんは日本という「逆境」をものともせず、自分の力で世界的経営者にのし上がっていった。その力の源はとどまるところを知らない好奇心と情熱、そして実行力。多くの起業家がグローバルスケールとしては小さいが個人にとっては大きなカネと権力に溺れ、会社のための大きなbidができなくなっていくのと対照的に、孫さんはどんどん進化し、どこまでも理想と拡大を求め続ける。この人にとって年齢という限界はまったくないだろう。むしろ年齢と共にますます進化していく。孫さんは自力で世界を変える経営者になったと言える。この先がますます楽しみだし、多くの世界中の経営者や起業家が刺激されていくだろう。

出典 http://newspicks.com

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
1
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?